教育ローンの金利と利用できない事例

教育ローンの金利の水準に関しては年利において3%程度と、個人を対象としたローンの中においては、相対的に低レベルな水準といえます。
その分だけ、審査に関する基準についてはハードになっています。
とりわけ、使用目的が定められていないカードローンに比べて審査の難易度は上がってしまいます。
現実の上で、ローン審査に対して通りにくいと言える例についてですが、まずカードローンを2つの会社以上取り引きしていること、あるいはカードローンもしくは住宅ローンの返済に遅れたことがあることがあげられます。
さらに、過去5年内においていわゆる自己破産をしたことや勤続年数が短くて正規雇用社員ではない事例に当て嵌まる人については、審査に対してパスしにくいと言えることから、仮に教育資金を用意するならば、教育ローンというのではなく、異なる方法を考えたほうが良いでしょう。
当人が学校を出た後に弁済する奨学金システムであれば活用することが出来るかも知れませんので相談しましょう。

Copyright© 教育 All Rights Reserved.

教育ローンの金利と利用できない事例